初めての方向けのFXの情報では、「損をした時はナンピンを入れることによってポジションの平均を買い付け価格を抑える」等書かれているが、実際にはこれには大きな危険性があると考えます。債務整理のポイントは弁護士

まずはじめに、ナンピンの原理に関して易しく述べておきます。ロスミンローヤル 効かない

一例として1ドル100円でドルを買ったとします。

$(ドル)買いだからドル高に推移するほど黒字を得られますが、1ドル=95円までドル安方向に進んだとします。

このままの状態でポジションを持ち続けたら、損失が戻るためには、5円分、円安に動く必要があります。

誰でも、マイナスは早めにリカバリしたいと思うでしょう。

この状況を乗り切るため最初に注文したのと同じだけのドルを、1ドル95円で取引します。

これで、ポジション全体の平均のコストは97円50銭まで下げることができますこれで、2円50銭の幅でドル高が進むと損を失くすことが出来ます。

この流れがナンピン買いの原理です。

ナンピン買いの理論を知ると「なるほど」という気分になるが、為替はそう容易には上手くはいきません。

だいたい、1ドル=95円より下がらないとはなんびとも分かるわけがありません。

為替が相当に強い円高基調であるならば、1ドル95円では収まらずより一層円高ドル安にいくリスクはあります。

1ドル=97.50円でナンピン買いをした場合に95円まで円高ドル安が速んだら、ナンピン買いをしたポジションもマイナスが生じてしまいます。

この状況では、一番初めにエントリーしたドルと全部で、損失を被ります。

このように、ナンピンは一筋縄でいきません。

ならば、相場が己のシナリオとは逆の方向に素早く進む場合どういうやり方で危険の確率を軽減すればいいのでしょうか。

この場面では選択できる方法は2つ。

まずひとつは観念してポジションを諦める事です。

ふたつめは今、自分か持っているポジションを少なくして再び為替がリカバリするのを黙って待機する事だけです。

少し大人しい手法だと思う方もいると思います。

しかしながら、持っている買いポジションに為替差損が出た場合最も正しい手法はこの他には期待できない。

無論、理屈の上では、ナンピン買いするという対策も効果的です。

だがしかしナンピンは自分が損をしているにもかかわらずポジションを減らすどころか逆にポジションを積み重ねていく考え方です。

この考え方では、危機を避けることなど可能ではないと思うべきです。

ナンピンを続ければいつの日にか利益を上げられるかもしれません。

だがしかし、そうなる先にお金が無くなってしまいます。